『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

マヤカシ

これまで以上に自分の『答え』は自分で出さなくちゃならない時代

世間一般では自分の外側から来る権威ある知識をたくさん吸収し、論理的な思考を組み立て、物事を判断した方がずっとベターだと思われています。 基本それは間違っていないでしょう。ただ、見えない世界のマヤカシを見破るためにはその方法では正直難しいです…

過信と欲のコラボでハマる『マヤカシ』は憑依への一里塚

2020年5月にライブドアブログ (『クリアー整体ヒーリング』です) からはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果てても…

ブーメランとマヤカシ

「オレって何でも分かってるんだぜ」って感じを常に漂わせてる人が世の中にはいらっしゃいます。そういう人をお見受けすると一人心の中で「ドヤ顔仮面参上〜!」と思ってしまうのです。 まぁ、ドヤ顔仮面っていうのはごくごく個人的にそういう人に付けたアダ…

マヤカシと万能感の甘美な毒

目の前の『世界』に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。 『発見』がそこら中に転がっている世界だってことです。アマゾンとか行けば新種の生物がわんさかいそうですからね。多分人類の知らない生き…

マヤカシの知に絡めとられた人の特徴

そもそも所謂『スピリチュアル』界隈の人々というのが人間という種族に対する万能感が半端なく強いんだろうなぁと感じるのです。 逆にいえば人間のバカさ加減をナメてるんだと思います。「俺たち人間ってのはきちんとスピリチュアルな理解を得られさえすれば…

『ご先祖丸ごと性善説』というスペシャルルール

以前に「誰かが亡くなったら自分の親族に悪いことをやろうと思うでしょうか? 当然、そんな人間などいないはずです!」という意味のことをおっしゃる方のことを述べたことがあります。 「ご先祖さまは子孫に対して良いことしか考えるわけないじゃないか! 『…

マヤカシにやられやすいスピリチュアル

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 出来のいいマヤカシは八分くらいの本当の中に二分の大きな偽りがさりげなく混ぜ込まれているのです。 そうすれば、その本当に目が眩…

所謂『霊能力』と分かったつもりになる危うさ

2020年5月にライブドアブログ (『クリアー整体ヒーリング』です) からはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果てても…

陰謀論的モノの見方と流行り病

「何かを観察する場合、幾ら本物っぽく感じたとしてもとりあえず眉に唾付けて3割引くらいで捉えておいたほうが無難である」てな話を述べたことがあります。 この『3割引』の視点というのは物事を俯瞰的に見るためには随分役に立ちます。 特に物事をすぐに信…

所謂一つの『単純明快さ』に魅入られるということ

今の世の中にはテクニカルにチョチョイのチョイで心や身体を支配出来ると信じている人々が大勢いらっしゃいます。 『インスタント』大好きと申しますか… ここでいう『インスタント』とは何時でも何処でも何にでも単純明快な答えを求めようとする心の持ちよう…

マヤカシを見破る簡単な方法 (霊能力篇)

世の中には霊能力と呼ばれるような類いのモノがあります。 そういったチカラには大体二通りのパターンがあるように感じられます。 一つには人間が生き物として生まれながらに持っている所謂『第六感』です。 一般的には勘とか呼ばれるモノです。 個人的には…

万能感に浸るほど『見える世界』は狭くなる

眼に見えない世界の情報というのは現実に裏付けが取れないことのほうが圧倒的に多いです。 だから、幾ら本物っぽく感じたとしても眉に唾付けて3割引くらいで捉えておいたほうが無難ではないでしょうか?この『3割引』の視点というのは物事を俯瞰的に見るため…

「滅びる者には『危機感』がない」って話

眼に見えない世界に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。 『発見』がそこら中に転がっている世界だってことです。 アマゾンとか行けば新種の生物がわんさかいそうですからね。 多分人類の知らない生…

「ブレない自分」という見果てぬ夢

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…

ブレる心と『バランスを取ること』の大切さ

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 誰だってその『もっともらしさ』に眼がくらむ可能性を何時も秘めています。 マヤカシにヤラレずに済む保証は何処にもありません。 …

人は想像力が欠如するとマヤカシの世界に心を絡めとられる

人間というのは本質的に無知な生き物です。 人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。 でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。 その何かとは簡単にいえば想像力です。 ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸…

この世には『見えるモノ』も『見えないモノ』も色々と存在する

ヒーリングなんてしていると本当に色んなモノに出会います。 スッキリしたモノにもどんよりとしたモノにもです。 ここでいう色んなモノというのは眼に見えないエネルギーとかのことです。 日々様々なエネルギーとヒーリングという現場で遭遇するのです。 そ…

マヤカシに満ちた摩訶不思議なこの世界

この世はある意味マヤカシだらけの世界です。 眼に見えない世界の事柄なら尚更です。 自分がマヤカシにやられない保証なんて誰にもありません。 それどころかやたらとマヤカシに引っかかりまくるのが人間というものです。 世の中に死ぬまで一度もマヤカシに…

3割引の視点とマヤカシの世界

眼に見えない世界の情報というのは現実に裏付けが取れないことのほうが圧倒的に多いです。 だから、幾ら本物っぽく感じたとしても眉に唾付けて3割引くらいで捉えておいたほうが無難ではないでしょうか?この『3割引』の視点というのは物事を俯瞰的に見るため…

「心の置き所はどこにもない」って話

敵を切らんと思ふ所に心を置けば、敵を切らんと思ふ所に心を取らるゝなり。 我太刀に心を置けば我太刀に心を取らるゝなり。 我切らじと思ふ所に心を置けば、切られじと思ふ所に心を取らるゝなり。 人の構えに心を置けば、人の構えに心を取らるゝなり。 兎角…

「マヤカシにやられすぎて『万能感』に心を支配される」って話

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 誰だってその『もっともらしさ』に眼がくらむ可能性を何時も秘めています。 マヤカシにヤラレずに済む保証は何処にもありません。 …

マヤカシに心が囚われると『カルトな思考』になっていく

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 出来のいいマヤカシは八分くらいの本当の中に二分の大きな偽りがさりげなく混ぜ込まれているのです。 そうすれば、その本当に目が眩…

『深淵』をのぞく者と『打算』に目を背ける者

怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。 哲学者フリードリヒ・ニーチェの有名な言葉です。 眼に見えない世界に関わろうとする者なら特に上記の言…

「話せば分かる」ってモノの考え方と話したって伝わらない人の心

何だかんだ言って結局『分かる』ということは非常に感覚的なものだと思うのです。 理屈で分かるのは物事のせいぜい半分くらいです。 例えば災害や事故にあったりして伸るか反るかの場面で最後に頼りになるのは自分の勘だけです。 生きるか死ぬかの時に知識を…

人の言葉を『バランス』よく聞くことの大切さ

内容には『もっともらしさ』なんて一つもなくても、もっともらしく自信満々に力強く繰り返せば、それによってコロッと騙される人間ってのが一定数居るものです。 そして、そういうタイプの人々は「一度騙されてしまえばよっぽどのことがない限り信じることを…

出来るだけ『マヤカシ』にヤラレずに生きていくための方法

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 出来のいいマヤカシは八分くらいの本当の中に二分の大きな偽りがさりげなく混ぜ込まれているのです。 そうすれば、その本当に目が眩…

この世に溢れるマヤカシにやられない秘訣

「幽霊なんているわけない!何故なら自分は見たことがないからだ!」っていう人が世の中にはいらっしゃいます。 所謂『幽霊否定派』の方々です。 もちろん何を信じようと信じまいとそれぞれの全くの自由です。 ただ、そういう方々の多くは「幽霊なんて非科学…

『特別な人間』になりたくてハマるスピリチュアル

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。 特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 『特別』に憧れ、『特別』に囚われているといったほうがいいかも知れませんが… ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人よ…

自分の中の闇を見なければやがて心は闇に呑み込まれます

コインには表と裏があります。 裏だけを削り取ったら、その時点ですでにコインではなくなります。 表だけ削り取ってもそれは同じです。 夜が明けたら朝になる 雨が上がって晴れになる 光があれば闇がある 片翼だけの飛行機はどうやったって飛べないのです。 …

「自分は大丈夫!」とか思ってる人ほどマヤカシに囚われやすい

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 もっともらしく見えなければ誰もマヤカシに引っかかりませんからね。 もっともらしく見せるためにウソの中にホントを混ぜるのです。…