『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

心のバランス

試行錯誤には『心のバランス』が大切です

人間は元々主観的な存在です。 純粋に客観的な視点を持つ人間などというものは一人も存在しません。 主観というものには大なり小なり偏りが存在します。 一人一人が見てる『世界』というのにはそれぞれに常に偏りがあるということです。 元々偏っているんだ…

『心のスキマ』と『心のバランス』

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…

『心のアンバランス』を目指すサトリ系

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…

心のドーピングは『電池切れ』を起こす

心に荒々しさの火を灯すというのは分かりやすい生命力の噴出を促します。 簡単な話心が折れそうになっても「何くそ! ふざけんな!」と思うことで心が折れずに進むことが出来るってことはあるでしょう。 だからといって荒々しさを生きるための推進力として常…

健康と「楽になる」ということ

健康にあまりにコダワる人はそのうち健康を失います。 心と身体のバランスが崩れるからです。 心と身体のバランスが崩れてしまうと人間は病みます。 ここでいう病むとは単に病気になるということではなく、病気に取り憑かれるという意味です。 健康に取り憑…

コダワリは心に『澱み』を招くモノ

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのはずっと動き続けているということです。 逆にいえばずっと動き続けることで活性を保っています。当然ながら動きが鈍くなればなるほど活性は落ち波動的に澱みます。 波動的に澱めば波動のレベル…

不確実性の世界のあやふやな『お告げ』

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。 安定と自由は反比例するって…

心と物のバランスをよくすると無理が少なくなります

このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて繰り返し書いてきました。 ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方です。 この…

心には『遠心力』も『求心力』もどちらも必要です

自動車にはアクセルとブレーキが付いています。 だからこそ自由に動いたり止まったり出来るのです。 ブレーキとアクセルは二つで一つです。 どちらか一つだけならクルマはちゃんと動けません。 その二つを切り離すことには無理があります。 まぁ、普通そんな…

「心の置き所はどこにもない」って話

敵を切らんと思ふ所に心を置けば、敵を切らんと思ふ所に心を取らるゝなり。 我太刀に心を置けば我太刀に心を取らるゝなり。 我切らじと思ふ所に心を置けば、切られじと思ふ所に心を取らるゝなり。 人の構えに心を置けば、人の構えに心を取らるゝなり。 兎角…

非常時であればこそアクセルもブレーキもどちらも大切です

自動車にはアクセルとブレーキが付いています。 だからこそ自由に動いたり止まったり出来るのです。 ブレーキとアクセルは二つで一つです。 どちらか一つだけならクルマはちゃんと動けません。 その二つを切り離すことには無理があります。 まぁ、普通そんな…

心のバランスの大切さと振り切れた心の刹那的な爽快感

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…

不条理なこの世界と『予定調和』というファンタジー

このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて繰り返し書いてきました。 ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方です。 この…

心のバランスと勘を磨くこと

人は誰しも自分の見たいものを見たいように見ているものです。 「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが潜在意識やら先入観やらによって半ば無意識に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。 その人…

所謂『フラッシュバック』と不安と恐怖の蓄積について

精神的なモノであれエネルギー的なモノであれ人間は自分にダメージとなるモノがやって来ると無意識にそれを小分けにして耐えようとします。 例えば生まれてから今までの『苦しみ』のすべてが一つの大きな塊のようになっていたりしたら、あまりにもダメージが…

陰と陽と健康と不健康と

生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。 分かりやすい例で言えば呼吸です。 吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。 でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。 身体に良…

不確実性の世界と「言葉を言い切ること」の歪んだチカラ

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。 安定と自由は反比例するって…

不安と恐怖に連れ添いながら『心のバランス』を取るしか道はない

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 不確かというのは同時に流動性であり、簡単にいえば「先が見えない」ってことです。 未来を予測すること…

世情が騒然としている時こそ『心のバランス』が大切です

私の造語に『仮定盛り』ってのがあります。 「こうに違いない!」という思い込みを土台にして、その上に「ならば、こうなるはずだ!」という仮定の話を『ブレない真実』のように盛り付けていくっていうやり方を表す言葉です。 で、盛り付けた話は仮定のはず…

「正しい!」の比べっこと今のご時世

目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 みんな自分が正しいと思っているからです。 もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなく…

頑固と盲信が『心の風通し』を悪くする

私は自分のことをいつでも必ず正しいなどとは思わないようにしています。 「そこそこイケてることは言ってんじゃないの〜」くらいには思ってますがね(笑) 人間誰しも間違うこともあるし、勘違いしてしまうこともあります。 「それがあって当然だろう」とい…

波動的に見た「心を振り返ること・見つめ直すこと」の大切さ

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのはずっと動き続けているということです。 ずっと動いているというのは絶えずバランスを取り続けているということを意味します。バランスを崩せば劣化のスピードは速まるのです。 世の中のすべて…

暗黒面に呑まれる人の『心のあり様』

例えば『現実に犯罪が多発しているのを事実として認識すること』と『現実に多発しているのだから犯罪はあって当たり前と思うこと』は全く違う話です。 実際に犯罪はあるけど、あくまでもないのが理想の姿であり、そこに向かって努力しているのが『現実』です…

「心のブレーキさえ外せばハッピーになれる!」という幻想

時々スピリチュアル系のお話の中で「メンタルブロックを外す方法」みたいなモノを拝見することがあります。 そして、それは何故か無条件に「制限があるのは悪いことで、制限さえ取ればハッピーになれるんだ!」という前提で語られているようです。 本当にそ…

マインドコントロールと『価値観の断捨離』とやら

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。 安定と自由は反比例するって…

人の言葉を『バランス』よく聞くことの大切さ

内容には『もっともらしさ』なんて一つもなくても、もっともらしく自信満々に力強く繰り返せば、それによってコロッと騙される人間ってのが一定数居るものです。 そして、そういうタイプの人々は「一度騙されてしまえばよっぽどのことがない限り信じることを…

コペルニクス的転回とホンモノを見分ける方法

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…

化かされたがる人間と『思考停止』して見る甘美な夢

所謂『化かされた』状態の人というのは自分が化かされていることに気付いていません。 化かされている人は化かされていることに気付かないから化かされているのです。 そこが(学校の勉強なら絶対100%試験に出るほど)非常に重要な点です。 ここでいう『化…

心には『抑止力』と『推進力』とどちらも必要です

不安や恐怖というのは悪モノにされがちです。 ただ、人間は不安や恐怖があるお陰で慎重さや疑問を持って考えるチカラを手に入れることが出来るのです。 もし不安も恐怖も端から全くなければ未知なるものの危険に対してノーガードで突っ込んでいくということ…

心をブレにくくするための一番のカギ

森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのは常に動いているということです。 動き続ければブレやらズレやらユガミやらが必然的に現れます。 そのブレやらズレやらユガミやらを毎日コツコツ修正する作業がある意味『生きる』ということな…