『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

2024-01-01から1年間の記事一覧

「どうやったら成仏できるか?」本当の答えを知る者はいない

ヒーリングなんてことをしておりますと所謂成仏していないヒトに出会うことは決して珍しくありません。 珍しくないというのも随分控えめな言い方なんですけどね… 所謂『成仏』してないヒトの多くが生きていた時の刷り込みとそれに基づく条件反射でほぼ動いて…

勘を大切にすることが最後には自分を助ける

波動的な変化を知るためのサインの一つとして『耳鳴り』があります。 いつでもどこでも誰にとってもサインになるとは限りませんけどね。 単に体の不調のサインである場合もありますし。 ただ、何かいつもと違うことが起こり、それに引っかかるモノを感じる時…

想像力を失った人間は色んな意味で操られやすい

人間というのは本質的に無知な生き物です。 人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。その何かとは簡単にいえば『想像力』です。 ここでいう『想像力』とは知らないなら知らないなりに…

いわゆる『大和魂』と『人間らしさ』を問われる時代

もう随分前から人間世界はまるで遠心分離機にかけられたように白と黒、上と下、右と左という風に波動がハッキリと分かれ続けているように見えます。その現象は止まることを知らず、様々なモノの違いがどんどんくっきりしてきました。昔ならあったはずのグレ…

人間に嫉妬するカミサマと眼に見えない大きな存在

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。 そもそも「あれでそ…

所謂一つの『ライン』と「人を支配したい」という欲望

ここでいうところの『ライン』というのは何らかのエネルギーの送受信を可能にするために仕掛けられた隠された装置のようなモノのことです。 例えて言えば蟻の分泌するフェロモンみたいにA地点とB地点を眼に見えない道で結ぶようなモノです。 その眼に見えな…

蟲に侵食されるのは心が弱っている証拠である

ここでいう蟲というのは眼に見えないイモムシか何かのような黒くてモヤッとした不定形のエネルギー体のことです。 あくまでも私が個人的にそう呼んでいるだけの名称ですがね… 蟲は生きている人間から直接発せられているエネルギーではないように感じます。 …

「この地球で人間が一番偉い!」って考え方は危険である

私の場合「人間って地球で一番偉いんだぜぇ!!」的な世界観を抱いたことがありません。 逆に「人間ってなんでこんなに出来損ないの生き物なんだろう」という想いがずっと頭を離れないのです。 それは大層な思索探究の末に辿り着いた結論などではなく子供の頃…

『ご先祖丸ごと性善説』は不自然で無理がある

以前に「誰かが亡くなったら自分の親族に悪いことをしてやろうと思うでしょうか? 当然、そんな人間などどこにもいないはずです!」みたいな意味の言説について述べたことがあります。「ご先祖さまは子孫に対して良いことしかするわけないじゃないか!『悪い…

家系の因縁と土地の因縁と因果のツケ

何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因があります。 逆に言えば結果の無い原因なんて何処にもないということです。それがここでいうところの『因果応報』です。 なので、『因果応報』というものは世界に遍く存在しています。 何であれ『原因』という種…

神社仏閣だからといって変なモノと繋がらないとは限らない

ヒーリングなどしておりますと波動のレベルの低いエネルギーが人間の心や身体の中に入っているのに出くわすことはありふれた日常的な出来事になります。そういったエネルギーが何処から来るかというと大雑把に分けて「人から来るか・場所から来るか」のどち…

中二病と落ち着いた心

つくづく中二病とスピリチュアルってのは親和性が高いんだなって感じる今日この頃です。ていうかスピリチュアルに流れつくような人ってのは、そもそも中二病の傾向が強いってことかもしれません。 中二病とは要するに「自分が世界の主人公で、この世界は自分…

想像力とは人間らしさを測る一つのモノサシである

このブログでは何度も想像力の大切さについて述べてきました。 「想像力こそが人間らしさの根っこにある」ということについてね! ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。 逆に何でも知っ…

眼に見えないモノも繋がることは良いこと尽くめではない

森羅万象すべてのものには『波動エネルギー』があります。 そして、生きるということは数限りない『出会い』と『選択』の連続で成り立っています。 ということはこの世界にいれば様々な波動エネルギーとの出会いと選択も避け難くやって来るということです。 …

俯瞰的な視点と間を取ること

古今東西全ての人間が自分の見たいものを見たいように見てきました。 「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが、実は潜在意識やら先入観やらによって恣意的に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。…

百鬼夜行の世界と心を試される時代

前回「物の怪が減って、オニが激増している」という話をさせていただきました。なので、今回改めてオニについて語らせていただこうと思っております。「人間の想念の塊のようなんですが明らかに普通の想念エネルギーとは毛色が違うモノがこの世には存在する…

物の怪の減少とゾンビ映画の中のような『世界』

この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 …

この世は『不思議』に満ちています

ヒーリングなんてことをしておりますと正直不思議だなって思うようなことには日常的に見聞きしたりします。 ここでいう不思議だなって思うようなこというのは、いわゆるオカルト的な事柄のことです。 とはいえ起こった出来事をあまりに生々しく語ると「コイ…

不自然で無理があるモノは人を幸せにしません

癒しとは楽になることです。 ここでいう「楽になる」とはダラダラと安直に怠惰に過ごすという意味ではなく、「それぞれが元々持っている自然で無理のない状態に戻る」ことです。 謂わばニュートラルに戻るということです。 このブログにおける『ヒーリング』…

日本と終末論

旧約聖書の創世記に最初の人間 (アダムとイブ) が神によって楽園 (エデンの園) から追放されるというお話があります。 「人間は元々苦しみ一つない『永遠の楽園』にいた」という伝説です。 つまり、そこには「神に造られた原初の人間は何の苦しみもない世界…

『認識には偏りがあるということ』ととチャネリング

古今東西全ての人間が自分の見たいものを見たいように見てきました。 「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが、実は潜在意識やら先入観やらによって恣意的に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。…

情報過多な時代ほど『無知の知』を見失わないことが大切になる

人間というのは本質的に無知な生き物です。人間ごときが何でも分かるわけがないのですからそれは当たり前です。 でも、知らない部分は知識ではない他の何かで補わなきゃなりません。その何かとは簡単にいえば『想像力』です。 ここでいう『想像力』とは知ら…

マヤカシの世界とぶっ飛んだお話

この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場ということです。 出来のいいマヤカシは八分くらいの『本当』の中に二分の大きな『偽り』がさりげなく混ぜ込まれているのです。 そうすれば…

血縁絡みは亡くなっててもややこしいことが少なくない

「成仏してない先祖は子孫が責任持って成仏させなくてはならない」みたいなことをおっしゃる霊能者が世の中にはいらっしゃるそうです。 それって私には全然ピンと来ない話なんですよねぇ。 良くも悪くもそんなに先祖が子孫にガッツリ関わるのが常態化してる…

因果応報というモノは『人間サイズ』に収まらない

何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因があります。 逆に言えば結果の無い原因なんて何処にもないということです。それがここでいうところの『因果応報』です。 なので、因果応報というものはこの世の全てに遍くあります。 原因という種があって結果と…

劣等感の裏返しの優越感への渇望

世の中には『特別』であることを求める人がたくさん存在います。 特別なチカラ、特別な感覚、特別な使命、特別な人生などをです。 『特別』に憧れ、『特別』に囚われている人々です。 ここで言う『特別』とは例えば「自分は他人より世界の真実を知っている!…

行きずりの出会いと選択の意志が運命を決める

ヒーリングをしていると様々な波動エネルギーをヒーリングしている相手の方の中に見出します。人間というのは誰しもそれだけ雑多なエネルギーを抱えているということです。ただ、その雑多なエネルギーの一つ一つに誰しもが頷くような曰く因縁があるわけでは…

波動的な流れを良くするための簡単な方法

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 森羅万象すべてのモ…

予言とは未来に対して「呪をかけること』である

所謂『予言』ってヤツは『当人にだけ都合のいい一発逆転』を求める人の最後の拠り所なんじゃないかと感じています。 少なくともそういう願望にとっては都合の良いモノが少なくないのは確かです。それはこの世界そのものが一旦ガラガラポンされて、それまであ…

因果のツケと運命の支配者になりたがる人々

何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因があります。逆に言えば結果の無い原因なんて何処にもないということです。 それがここでいうところの『因果応報』です。 なので、因果応報というものはこの世の全てに遍くあります。 ただ、一人の人間の中にスッ…