『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

カミサマ

所謂パワースポットが全面的に良い場所とは限りません

そもそも神社仏閣にはカミサマが居るから悪いモノは近付かないと思ってる人もいらっしゃるかも知れません。ていうか神社巡り大好き系のスピリチュアルな人々は無邪気にそう信じてる人の方が多いような気がします。でも、ハッキリ言って神社仏閣にいるエネル…

波動のレベルと「人間くさいカミサマ」とやら

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。 簡単にいえば「時代…

「依怙贔屓する神と人間をわざわざ虐める悪霊・悪魔」とかいう話

スピリチュアルなブログとか拝見しておりますとそれぞれが『神さま』というものを語られてたりします。 で、そこに書かれている『神さま』という言葉には十中八九何の注釈も付いてません。自明のこととして語られているのです。これって不思議だなって感じる…

『眼に見えない大きな存在』と所謂ひとつの創造主

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。今回に限らず私がカミサマって言う時はそ…

『ホンモノの神』とか『ニセモノの神』とかいう話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。今回に限らず私がカミサマって言う時はそ…

「とにかく人間がピラミッドの頂点」という生物観への違和感

例えば菜食主義の人ってのは人間>哺乳類>魚類>植物という風な構図がピシッと頭の中に入ってるんだろうと思うのです。 人間を頂点とした生物のピラミッドを描き、人間に近いものほど霊的に偉いんだという生物観をお持ちなのでしょう。 そういった生物観は…

カミサマ絡みのローリスクハイリターンを狙うスピリチュアル

生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。 分かりやすい例で言えば呼吸です。吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。身体に良い成…

『眼に見えない大きな存在』と嫉妬するカミ

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているとお考えください。 簡単にいえば「時代…

「神社仏閣にも色んなエネルギーが存在する」って話

ヒーリングなどしておりますと波動のレベルの低いエネルギーが人間の心や身体の中に入っているのに出くわすことはありふれた日常的な出来事になります。そういったエネルギーが何処から来るかというと大雑把に分けて「人から来るか・場所から来るか」のどち…

眼に見えないモノと繋がることのメリットとデメリット

森羅万象すべてのものには波動エネルギーがあります。 そして、生きるということは数限りない出会いと選択の連続で成り立っています。 ということはこの世界にいれば様々な波動エネルギーとの出会いと交流を余儀なくされるということです。 ただ、出会いと交…

所謂『悪魔の契約』とカミサマのご利益とやら

ここでいう所謂『悪魔の契約』というモノについて説明しておきます。 人外のモノに誘導され操られて何らかの現世利益(金儲けや立身出世、超自然的なチカラの取得など)と引き換えに人外のモノとギブアンドテイクの関係になることです。念のため申し上げれば…

魔境とカミサマと神秘体験

主によく語られる魔境の意味は『神秘体験などに囚われ、意識の拡張により自分のエゴが肥大し、精神のバランスを崩した状態である』といわれている。簡単に説明すると現実世界では通常体験出来ない現象や思想を感じた時「特別な何かを得た、感じた」と思い、…

予言という脅しと『報復する神』とやら

昔から宗教関係には神さまが人間にご褒美を与えたり、天罰を与えたりするって考え方があります。 もう少し宗教色を薄めた言い方なら「天変地異や疫病は人間の悪行に対する自然からのしっぺ返しである」って風になるでしょうか? でも、これって「神に選ばれ…

「神さまにおまかせ!」っていう心の在り方の危険性

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。 安定と自由は反比例するって…

「自分は神さまに特別に愛されている!」というファンタジー

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。今回に限らず私がカミサマって言う時はそ…

続・行きずりのエネルギーを出来るだけ避ける方法

前回眼に見えないエネルギーと遭遇する危険性を下げる方法について少し述べましたが、詳しい説明をしてなかったのでしたいと思います。 これだけがすべてってわけではないですがね… ① 神社巡りみたいなことをやたらとしない そもそも神社仏閣にはカミサマが…

所謂カミサマと眼に見えない大きな存在の違い

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。今回に限らず私がカミサマって言う時はそ…

所謂一つのカミサマとマインドコントロール

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。 どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。 でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。 安定と自由は反比例するって…

仮定盛りの根っこには思い込みの激しさがある

私の造語に『仮定盛り』ってのがあります。 「こうに違いない!」という思い込みを土台にして、その上に「ならば、こうなるはずだ!」という仮定の話を『ブレない真実』のように盛り付けていくっていうやり方を表す言葉です。 で、盛り付けた話は仮定のはず…

「神さまが先か、人間が先か」って話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

カミサマと悪魔・魔物がセットで語られることの『意味』

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

「人が神に成り上がるのだ」とかって話

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

「大いなる存在に全てを委ねる」とかいう思考停止

「進歩っていうのはあっちへぶつかりこっちで躓きながら、その結果として何かを掴むことで初めて成り立つものだ」と思うのです。 たまたまでは無く必然としてね。 なので、ずっとブレないというのは何も進歩してないというのと同じです。 ブレない心を目指す…

人間の世界の外側にいるとても大きな眼に見えない存在

一人の人間に見えてる世界なんて本当に小さなモノです。 ていうか人類という種の見ている世界ってのは人間が思ってるほど大きくはありません。 人間基準では大きいかも知れませんが、それはあくまで人間基準です。 人間を超越したもっと大きな世界の『モノの…

現世利益と人にとって都合のいいカミサマ

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

『悪魔の契約』または『所謂一つのカミサマとの縁結び』とか

ここでいう所謂『悪魔の契約』というモノについて説明しておきます。 人外のモノに誘導され操られて何らかの現世利益(金儲けや立身出世、超自然的なチカラの取得など)と引き換えに人外のモノとギブアンドテイクの関係になることです。 念のため申し上げれ…

「カミサマをあげるね〜」みたいなスピリチュアル

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

所謂一つのカミサマには『流行り廃れ』があるという

その時代を生きてる人間の都合によって宗教的な儀式や世俗的な慣習など は次から次へ変わってきたということをこのブログで申し上げてきました。 それは単に一個人の思想信条の問題に限定されるものではなく、社会的な構造自体が変化してきたということです…

『欲にまみれた神頼み』ってのは危険です

ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。 そのカミサマの所謂一つの正統性だの妥当性だのってモノには関係なくね。 今回に限らず私がカミサマって言う時は…

想念エネルギーで作られる所謂一つのカミサマの話

スピリチュアルな人々の中にはタルパというモノを作ってる人がいるという話を以前にお聞きしました。 タルパというのはこんな感じのモノらしいです↓ タルパは、チベット密教の秘奥義で、「無」から霊体を人為的に作り出す術です。カッコよく言えば人工生命、…