『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「滅びる者には『危機感』がない」って話

眼に見えない世界に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。
『発見』がそこら中に転がっている世界だってことです。
 
アマゾンとか行けば新種の生物がわんさかいそうですからね。
多分人類の知らない生き物がそこら中に当たり前に居るんだと思います。

我々のいるのはそういう世界だってことです。
そういうっていうのは「人間の無知に基づく新発見に溢れた世界だ」ってことです。
 
発見がそこら中に転がってるってのを逆にいえば知らないことだらけだってことです。
もっと簡単に言えば生身の人間ってのは一人残らず無知に溢れているということです。
 
ただ、この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。
マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。
 
『もっともらしさ』を演出するアイテムの一つが「オレは何でも知ってるんだぜ!」っていう雰囲気です。
それは、知らないことでも如何にも全部知ってるようなフリをするっていうことでもあります。
つまり、マヤカシとは無知から目を逸らし万能感に浸ることです。
 
マヤカシに絶対にヤラレずに済む保証は何処にもありません。
というか一寸たりともマヤカシにヤラレない人間なんてこの世の何処にもいないのです。 
 
そんな海千山千のこの世で、出来るだけマヤカシにヤラレずに生きるための一番簡単な方法をお教えしましょう!
それは「知らないことは知らない」って言える『素直さ』をずっと忘れないことだと思います。ず〜っとです!
 
それって結構難しいことなのです。
人間生きてりゃ変なプライドや歪んだ思い込みが増えていきますので…
一部の人間ではなく、誰しもがそういう厄介なモノを背負っているのです。
 
「オレは何でも知ってるんだぜ!」って『万能感』は人間の心にとってはすごく甘美なんだと思います。
その甘美さとは例えるなら酒に酔っ払ったような状態です。
酒に酔っ払った人がまともな判断が出来なくなるように、万能感に耽溺する人も頭の中がお花畑になってしまいます。
 
万能感は人から危険を察知する感覚を奪います。
その人的には十分万能なんだからそれも当然なことなのでしょう。
 
歴史を紐解けば民族が滅びる時、国家が滅びる時には大抵著しく危機感が欠如していくものです。
それが、マヤカシに取り込まれ、頭の中が酔っ払った状態になり、万能感に浸り切った者の行き着く果てなのでしょう。
 
そうならないためには己れの手の上にある無知の知を取り落とさないように気を付けることです。
取り落とせばマヤカシの万能感が甘い香りをのせてやって来るでしょうから…
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 
※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp