『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「人間の『創造物』ではない善悪は実在する!」とかいう幻想

森羅万象すべてのモノには波動があります。
そして、波動は自然にあるものです。
元から自然の一部なのです。
自然には端から善も悪もありません。  

例えば高気圧や低気圧のことを善気圧・悪気圧なんて言う人はいません。 
晴れや雨は善でも悪でもないからです。  

気圧に高低があるように波動にもレベルの高低はあります。  
ただ、もちろんそれにも善悪はないのです。
 
 人間にとっての『善悪』は確かにあります。
しかし、それはどこまでいっても人間の人間による人間のための「善いとか悪いとか」なのです。
 
善悪は人間の『創造物』ってことです。
逆にいえば人間が善悪の『創造主』なのです。
 
善だの悪だのといったってどこかに普遍不動のモノとして独立して存在しているわけではありません。
ここでいう『どこか』っていうのは「人間とは全く関係のない場」のことです。
 
ただし、社会的な生き物としての人間には善悪という概念は必要なモノです。
人間同士が社会を営む上での『共通するモノサシ』としては、無くてはならないモノといってもいいでしょう。
 
(引用はじめ)
霊的な世界にも善悪がある。
魔障降伏の役割を持った神仏がいるように、宇宙には正義と邪悪の法 (ダルマ) がある。
(引用終わり)
 
上の文章の通りなら「人間とは全く関係のない場 (霊界&宇宙) にも善と悪は存在する」ということになります。
 その根拠は「魔障降伏の役割を持った神仏が存在するから」ということなのですが、その神仏という概念自体人間が作ったモノですよね。
まさか仏教などの『宗教』が自然にニョキニョキ地面から生えてきた自生のモノだなどとは、幾らなんでもおっしゃいますまい。
 
これって私の言葉で言うところの『仮定盛り』ってヤツです。
「こうに違いない!」という思い込みを土台にして、その上に「ならばこうなるはずだ!」という仮定の話をブレない真実のように盛り付けていくっていうやり方を表す言葉です。
 
で、盛り付けた話は仮定のはずが盛り付けた途端に「そうに違いない!」という『確信』に変質していきます。
そして、またその『確信』の上に仮定の話が盛られていくのです。
ネバーエンディング盛り盛りストーリーです。
 
先ず「霊的な世界に魔障降伏の役割を持った神仏がいるはずだ!」というのはこの方の考える一つの仮定です。
もちろん考える上で仮定を入れちゃいけないっていうわけではありません。
ありませんがその仮定をすぐさま『確信』に変えて「霊界や宇宙に普遍的な善と悪が存在する!」みたいな境地にまでぶっ飛んでいくのは、ちとやり過ぎなんじゃないでしょうか?
 
何より普遍的な善だの悪だのを追い求めることが、過去から現在まで人間の社会にどれだけの害毒を与え続けてきたか…
例えば「キリスト教の異端審問の狂気」とかの話をほんの少しでも知っていたなら、軽々しく使える類いの『仮定』ではないことは容易に想像がつくでしょう。
 
人間『最初から無いモノ』を追いかけ回すと必ずヤケドします。
 
 
 
『このブログを浄化します』 
 
 
募集中‼  
お知らせ - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
ヒーリングを習いませんか? - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 
 

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 
営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 
 
ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp