『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

『自分』の小ささを知るということ

何かを知るということはその分『己れの無知』を知ることでもあります。
一筋の光に気付けばその周りの闇の深さを否応なく思い知らされるのです。
なので、得てして知るということにはある一定の苦しさを伴うものです。その苦しさがイヤでイヤで知ることから逃げ出してしまう人も少なくありません。

単純に「分かれば上手くいく」と信じてる人は『知ることの闇』を舐めています。 
「知れば知るほど分からなくなる」なんてことはその辺にゴロゴロ転がっているのです。

ヘタな希望は簡単に絶望に置き換わります。
絶望を友にして希望に向かって進むくらいで丁度良いのではないでしょうか…

所謂霊的なことについて知ることも、自分が何も知っていないと思い知ることでもあります。
知らないことに対する不安を味わうことでもあるのです。

知ることと知らないことの恐怖を一番味わうのが眼に見えない世界でしょう…
『群盲象を撫でる』が如き世界だからです。

なのに、単純に「分かれば上手くいく」と信じてる人が一番多いのも所謂スピリチュアルな世界です。
少なからぬ数のスピリチュアルな人々が「自分は見えない世界の全てを知り尽くしているぜ」って感じを醸し出していたりします。
 
「自分は何でも分かっている!」という万能感に酔っているのです。
でも、それは「自分は何にも分かってない」と白状しているのと同じです。
 
もちろんそれはスピリチュアル界隈に限りません。
新型肺炎が流行り出して以来その手の万能感の酔っ払っているのかな?と感じるような人がものすごく増えた気がします。
 
知ることの怖さを理屈ではなく体感できるかどうかが運命の分かれ目じゃないかと改めて感じる今日この頃です。
それが出来ないと舞い上がって万能感の方へ心が突っ走る人が少なくないです。
 
で、こんなお話を拝見しました↓
最近、「学ぶことが怖い」と言うのはよく感じる。いや、知らないことできないことを、知ることなので、できることの喜びと同時に「自分の小ささも知ってしまう」ので怖い。
「知ることの怖さを理屈ではなく体感するっていうのが、どういうことなのか?」よく分かる文章かなと思います。
自分の小ささを知ってしまうってことを、体感している人とそうでない人とでは明らかに心の在り方に違いが出てきます。
 
その違いとは物事を俯瞰して見られるかどうかの違いです。
その人の中で『自分』が大きすぎると周りが見えなくなります。
そうすると心は迷路にハマりやすくなるのです。
 
 
 
『このブログを浄化します』 


募集中‼  
お知らせ
 
ヒーリングを習いませんか?
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


癒し・ヒーリングランキング

 
写真で体験ヒーリング (記事一覧)
 
orion12 | プロフィール | ブログサークル


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜除く) :月~土 10:00~19:00
 
ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp