『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

言葉ってのは繰り返し伝えるくらいで『ちょうどいい』気がします

ずっとご覧くださっておられる方にはお分かりでしょうが、このブログは同じような記事を繰り返し何度も書いております。
10年あまり継続して書いているのと、内容はヒーリング関連に限定してるのとで、内容が似たようなモノが多くなってる部分もありますが、基本大事なことは繰り返し何度でも書かないと通じないと思っているからです。
 
言葉ってのは所詮『出来損ないの道具』だと感じています。
例えこちらが幾らテクニカルに理路整然と言いたいことを述べてたとしても、相手に100%スラスラと言いたいことが通じるもんじゃない気がするのです。
 
そもそも言葉ってのはその程度のツールです。
だから、何度も何度も繰り返して半分でも伝われば御の字なのです。
 
もちろん常識的な意味での日本語の読解力は誰しも持っておいたほうがいいでしょう。
「どう転んでもそういう風な意味には取れないだろう」って読み取りをされる方も世の中にはいらっしゃいますしね…
 
でも、そういう文法的なこととは別に、その人の中に理解する下地、例えば人生経験が無いと分かろうにも分からないってことはあります。
「文章の意味は取れても頭に入って来ない」と申しますかね、そういうことは私を含めて誰にでもあるものです。
 
なので、自分が書いた文章の真意がみんなに遍く伝わるはずだなんて思うのはそもそもとんでもなく傲慢なのです
その人の中に伝わるだけの素地が無いと伝わりません。
 
例えば子どもの頃読んだ小説を大人になって読むと以前は分からなかった意味が見えてきたりします。
それはその人の心にある中身の量や質が変わったから、以前分からなかったことが分かるようになったってことです。
 
それに私にとってはうんざりするほど繰り返し書いてきたことでもご覧になる方によっては『初見の話』ってこともあるでしょう。
ブログってのは続きモノの物語じゃないので、可能な限り初見の人でも分かるように書ければその方がベターかなと考えています。
 
で、ここからが本題です。
スピリチュアルならサトリ系とか、自己啓発系の人とかの人の中には「自分の書いてることをよく理解して付いて来い」ってニオイを醸し出してる人が少なくない気がするのです。
 
ブログとかでも明らかにいつも読んでる信者みたいな人を前提に書かれてたりね…
「このブログに来るのなら、過去記事は最初からちゃんと読んでおいてね!」的なニュアンスのことをおっしゃる方もいらっしゃいますので…
 
要するにそういう人は「理解しないのは理解しないヤツがダメなんだ。こちらはちゃんと言葉を尽くして説明しているのだから!」みたいな感じなんでしょうね。
それって結局言葉というツールのチカラを過信してるんじゃないでしょうか?
 
個人的には言葉なんてそんなに通じるもんじゃないし、特に眼に見えない世界のことなんて「二割・三割伝わればラッキー!」くらいに思ってますけどね。
客観的に見れば、ここにあるのは眉に唾つけて半値八掛けでちょうどいいような話ばかりですから(笑)
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp