『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

見えないナニカを祀ることと憑き物と縁を結ぶこと

このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについて改めて書いておきます。
ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。
 
今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。
簡単にいえば「時代や地域に関わらず誰かが神さまって呼んできた眼に見えない存在はとりあえず丸ごと全部カミサマという『ジャンル』に分類しますよ」ってことです。
 
じゃあ何故そんな風に神を規定するのか?というと、そもそも見えない『何か』に神という名を付けたのは他ならぬ人間だからです。
「神というのはあれでそれでこれで、こういうモノなんだ!」みたいな概念を造ったのが人間だってことです。
 
では、神さまと呼ばれるモノは全て人間の空想上の産物であり、実際にはどこにも存在しないモノであるのかというとそうでもありません。
眼に見えない不思議な『何か』を神さまとして祀ってる場合もあるのです。
亡くなったヒト、物の怪、オニ、式神、蟲、生き霊などのエネルギー体、それらエネルギー体の合体した得体の知れないモノ、エネルギー体の入った岩とかの物、エネルギー体の入った物のある場所などなどね。
 
で、何でそういったモノをカミサマとして崇めてるのかというと、それが自分たちに何らかの御利益を与える存在であると考えられているからです。
ぶっちゃけた話「自分らに何か得になることをしてくれる存在が即ち神さまなのだ! 何にもしてくれなきゃ神さまでも何でもない!」って話です。
よくある宗教的な言葉で言えば、「霊験あらたかかそうでないか」が重要ってことです。
 
ただ、大きな御利益を与えられるのなら、逆に大きな祟りだって与えられるんじやないでしょうかねぇ…
少なくともいつでもどこでも誰にでも無条件に良いモノばかり与えられるとは限らないでしょう。
 
実際そう考える人も世の中にはいらっしゃるみたいです。
以下の引用文の方のようにね!
 
(引用はじめ)
神仏祀るならちゃんとした方がいいよ…
(中略)『覚悟』が居ることですぞ!
ペットと似てるかな←極
命尽きるまで責任持つのだ。
命尽きる前に適切に処分もしないと大変なのだ
(引用終わり)
 
ぶっちゃけた話神仏とか書かれてますが、これって憑き物筋の家が憑き物を祀る作法にそっくりですよねぇ。
一度祀ったらその家の命運が尽きるまで祀り続けるしかないって感じがね…
 
ていうか「ちゃんとするって何なの?」って話です。
ちゃんとしようとしまいと下手に目に見えないモノと縁を繋がない方が無難だと思いますけどねぇ。
文字通り『触らぬ神に祟りなし』ってことで…
 
 
 
『このブログを浄化します』 
 

募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp