『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

反医学的な『モノの見方』とスピリチュアル

以前にこんなことを書きました。
 
例えば『現実に犯罪が多発しているのを事実として認識すること』と『現実に多発しているのだから犯罪はあって当たり前と思うこと』は全く違う話です。 
実際に犯罪はあるけど、あくまでもないのが理想の姿であり、そこに向かって努力しているのが『現実』です。 

つまり、『現実に存在することを「そんなこともあるんだな~」と単に事実として認識すること』と『その現実を自分の心の奥まで入れ込んで「そうだ!そうだ!その通りだ!」と肯定すること』は別なんです。  

この2つのことをごちゃごちゃにして「あるんだから『真実』として素直に認めろよ!」的なことをおっしゃる方が結構多い気がするのです。  
意図的であろうとそうでなかろうとね…

置き換えると『現実社会において薬害など医療に関する問題が少なからず存在することを知識の一つとして持っていること』と『問題があるからといって医療全体に強い疑念を持ち、投薬や果ては手術まで否定するが如き認識を持つこと』は全く次元の違う話です。 

確かに現実社会においては医療に関する重大かつ構造的な事件や事故が過去に何度も起こってきました。
しかし、だからといって医学自体をまるで悪であるかのように捉えるのは行き過ぎではないでしょうか。
ましてや医療が頼りにならないからといって医療関係者の言うことを信じず、医学的な知識のない者の言うことを鵜呑みにするなんてのはあまりに危険過ぎます。 
 
実際医学を声高に否定する言説をドヤ顔で語る方が所謂スピリチュアル系の中には少なくない気がします。
特に専門的な知識をお持ちではなさそうなのに、「薬をやめなさい!」とか「現代医学は欠陥だらけだからそんなものに頼っちゃダメだ!」みたいな内容の発言を堂々と発信されているのを拝見するのも一度や二度ではありません。
それこそが掛け値なしの本当にあった怖い話そのものじゃないでしょうか?

一見もっともらしく感じても結論として非科学的なことを推奨しているなら、その意見には十分気を付けて対処してほしいと思います。 
非科学とは科学の否定であり、科学の否定とは即ち人類の英知の否定に他ならないからです。 

人間が古代より営々として築いてきた英知を否定するならば、その土台の上に成り立っている現代人としての『個人的知性』もまた原始的な迷信の闇にやがて呑み込まれてしまうでしょう…
偶然ではなく必然としてね。
 

一個人として反医学的な思想を持たれるのはご自由ですが、スピリチュアル〜な立場に立ってそれを他人に推奨したり拡散したりするのはやめてほしいと強く願います! 
それって下手すると人の生き死ににも関わることですので…
 
 
 
『このブログを浄化します』 
 
 
募集中‼  
お知らせ - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
ヒーリングを習いませんか? - 『クリアー整体ヒーリング』です   
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 
 

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 
営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 
 
ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp