『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

生きることのハードルを上げすぎると殺伐とした心になる

ぶっちゃけた話いまの世の中生きることのハードルを上げすぎな気がします。
それは個人的にも社会的にも純度100%の完璧さみたいなモノをみんなが求めすぎてるってことです。

だから、「昔の人はこんなお粗末クンではなかった!」とか「日本人 (或いは人間) は劣化した!」とかおっしゃって嘆かれるのです。
「そんなにハードル上げてちゃ、そりゃガッカリするだろうな」と個人的には感じるのです。
人間というモノに対する期待値があまりに高すぎるだろうと…
 
人間に対する期待値を上げるってことは結局自分に対する期待値を上げてるということでもあります。
自分に純度100%の完璧さを求め続ければ、そりゃ生きづらくもなりますよねぇ。
 
だから、生きにくい世の中を少しでも生きやすくするには、「自分の中の生きることのハードル」を少しでも下げる方向へ持っていくことが肝要です。 
まぁ、一度上がったハードルがすぐに下がるわけではありませんがね。

地道にコツコツと認識を変えていくのです。
とりあえず「目指せ!高田純次」って風に設定してみるのも一つの手かなと思います。
そうやって少しずつても自分のハードルを変えていけば楽に生きられる心の道が段々拓けていく気がします。 
 
生きるということのハードルを自律的に下げて、出来るだけのほほんとしてた方がこれからの時代を乗り切りやすいのではないでしょうか?
少なくとも今のように生きることのハードルが他律的にガンガン上げられていく時代においてはね。
 
以上のようなことを前に書きました。
で、最近またこんな文章を拝見したのです↓
私たちは正しくリベラルな規範を努力して身に着けたのだ。ゆえに良いポジションについてしかるべきだ。だらしない快楽や欲望を制御できていない人々が良き社会から転落するのは当然である、という〈酷薄さ〉です。
引用文からは、生きることのハードルを上げ続けると優生思想に行きつくのが分かります。
ここでいう優生学的な思想というのは「人工的な手段を以って人間という存在を、物理的により『完全』な状態に近付けようとする考え方全般」のこととします。
 
だから、優生学的な思想の行き着く果ては人工淘汰による人間の切り上げ・切り捨て作業みたいな『無機質なモノ』に成るでしょう。 
偶然ではなく、必然としてね。
 
簡単にいえば「社会的な生き物として不完全な個人は社会的に淘汰していいのだ! むしろ進んで淘汰することが社会のためだ!」という考え方です。
そういう考えの人々は、ご自分の考えた生きることのハードルを越えてないと思う人間には、社会的なふるい落としがあって然るべきだと望んでいるように感じます。
 
でもね、個人的にはナマケモノだろうと半端者だろうと生きてるだけでそれなりに偉いって思います。
だって、生きるって大変ですから。
 
 
 
『このブログを浄化します』 


募集中‼  
お知らせ
 
ヒーリングを習いませんか?
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


癒し・ヒーリングランキング

 
写真で体験ヒーリング (記事一覧)
 
orion12 | プロフィール | ブログサークル

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜除く) :月~土 10:00~19:00
 
ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:o-akio@n.vodafone.ne.jp