『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「深淵を覗くのはお気楽ではない」って話 (チャネリング篇)

怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。
哲学者フリードリヒ・ニーチェの有名な言葉です。
眼に見えない世界に関わろうとする者なら特に上記の言葉は肝に銘じられた方が良ろしかろうと存じます。
比喩ではなく、『そのモノずばり』の意味としてね!
 
こちらから眼に見えない世界を探ろうと思えば、眼に見えない世界からのこちらへの干渉も強くなるってことです。
それこそが「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」です。
 
チャネラーとは深淵を好んで覗く者と言えるでしょう。
ならば、すぐそばにある「自分自身も怪物になる」危険性を友として進む覚悟があって然るべきです。
 
それが嫌なら今すぐ深淵を覗くのはやめた方がいいでしょう。
止めるのなら早ければ早い方が良いです。
 
何故なら、深淵をのぞき込んだ者は深淵のニオイが染み付いてしまうからです。
そのニオイが強ければ強いほど深淵の奥のモノを惹きつけます。
そうなれば、下手したら一生深淵から足を洗えなくなるでしょう。
 
眼に見えない世界は、夢見るチャネラーさんが思い描くようなお花畑でファンタジーな場所ではありません。
まあ、それは現実社会だって似たようなモノで、ヘタなところに足を突っ込むと抜けられなくなるってことはありますからねぇ。
「わざわざ自分から危なそうなところへ足を突っ込まなくてもいいのにな」って思うんですよね…
 
改めて「チャネリングが何故危険か?」というと一言でいえば眼に見えないモノとの間合いが近すぎるからです。
っていうか意図的にかつ積極的に間合いを詰めようとしている、そういう方法だと思うからです。
 
眼に見えないモノとの間合いを詰めるってのはスピリチュアルでいうところのエネルギー的に繋がろうとすることとほぼ同じです。
要は「無防備な状態で眼に見えない存在にドンドン繋がろうとするのは危険だ」っていうごく普通のお話です。
 
しかもそのことを手放しで良いことのように捉えてる感じなところです。
それは本当に危ないです。
 
例えばこんな感じで↓
高次元の高い波動領域からのメッセージは、「これやると、うまくいくよ」「キミの魂の喜びは、これだよ」「本当に、それをしたいの?これじゃないかい?」「ほら、ここに未来のヒントがあるよ」といった魂がウキっとするようなポジティブに前へ進むためのメッセージが多い
お猿のように「魂がウキっとするから高次元!」とか…あまりにもお手軽でお気楽すぎやしないでしょうか…(ー ー;)
『自らの魂を賭して深淵を覗かんとする者』としてはね!
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 
※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp