『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

陰と陽と健康と不健康と

生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。
分かりやすい例で言えば呼吸です。
吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。
 
でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。
身体に良い成分のみを前もって選別して吸い込むなんて芸当は出来ないのです。 
 
呼吸に限らずエネルギーの出し入れというのは全てそういう仕組みになっています。
まとめて全部取り込んでから必要なものだけ吸収して不要なものは排泄してしまうという構造です。
 
まとめて全部取り込む方式ですから取り込む際にその場その場で事前に分別することは出来ません。
取り込むか取り込まないか自体を決めることは可能ですがね。
 
であるなら当然純度100の良いものだけをいつでも何処でも取り込むなんてことは初めから不可能なのです。
何であれ「取り込むものにはある一定の不純物は混ざるもんだ」という認識が必要になります。
つまり、心であれ身体であれ『不純物を含んだ自分』という存在と折り合いを付けながら進むしかないのです。
人間の体は絶えずどこかが毀れている、そしてそれを、絶えずどこかで治している。毀したり治したりしながら生きているのである。
『整体』という言葉を作った男  野口晴哉
健康を絶対不変の『真理』であるかのように思い込み、がむしゃらに突き進めば、遅かれ早かれ「不健康を徹底的に排除し、世界を自分たちの考える『健康』だけにしたい!」という衝動に突き動かされるようになるでしょう。
でも、「不健康な要素を機械的ガリガリ削り取って、健康になるための純粋な要素だけを抽出しよう」みたいなやり方には、どうしたって無理があるのです。
それじゃまるで善と悪を化学的に切り離そうとした『ジキルとハイド』のお話そっくりです。
 
陰陽説では「陽極まれば陰になる」と申します。
また「禍福は糾える縄の如し」とも申します。
 
健康と不健康もまた糾える縄の如く分かちがたいモノとしてリバーシブルに存在しているのではないでしょうか?
肉体を持ってこの世に存在する限り…
 
人間「時には不健康も受け取めながら、穏やかに倦むことなく健康に近付いていく」ってのが大切な気がします。
要は健康にしろ不健康にしろ『極端』な方向に急激に振り切れることなく、コツコツとバランスを取って歩み続けることが大事だってことです。
 
健康について以上のようなことをこれまで述べてまいりました。
疫病流行の今だからこそ改めて同じことを申し上げます。
これって非常に大切なことだと思いますので!
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp