『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「これはフィクションです」という体の話 (ヤマトダマシイ篇)

よくテレビドラマとかの最初に出る定型文みたいなのがありますよね?
こういうヤツです↓
 
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 
このブログは基本的に私の実体験を基にその経験から導き出された「独断と偏見」または「独断と妄想」を文章にしたものです。
ただ、そのまんま書いては色々と差し障りが出ると困るので、それなりに『書くこと』に躊躇いがあったりもするのです。
なので、時には実名をボカしたり、時にはハードな内容はわざとソフトに緩めたりして語ってまいりました。
 
でも、それじゃピンボケ過ぎて、中々核心が伝わりにくいこともあるのかなって気が、最近特にするのです。
で、これからは実験的に「あくまでもこれはフィクションです!」という体(テイ)で、少し踏み込んだ内容の記事を時々書いてみようと考えております。
 
中身については『こんなの全部作り話だろ!」と思っていただいても結構だし、「幾ばくかの事実が含まれているかも知れない…」とっていただいても結構です。
読む人にとって、少しでも何かのヒントになれば幸いと存じますm(_ _)m
 
じゃあ、今回のお話に行ってみましょう!
これまでブログで何度か述べてきた「『大和魂』と呼ぶモノが今後どう変遷していくのか?」っていうお話です。
 
日本人は大切なモノを随分と長い間置き忘れてきた。
その大切なものを敢えて古い言葉で表現するなら『大和魂』と呼ぶモノである。
 
一般的に『大和魂』と言えば、何だか酷く時代錯誤で、政治的に手垢の付いたグロテスクな印象の言葉として扱われる。
過去の禍々しい『軍国主義の悪夢』を象徴する政治的言葉として社会的に封印されている。
 
しかしながら、本居宣長の歌にも敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花」とありますように、元々『大和魂』というのは、血と硝煙の匂いのする『荒事』とは遠く離れた『たおやかな心』を現した言葉だ。
そして、何よりそれは日本のみならずこの世界に太古より存在する『人を人たらしめる波動』のことを指し示している
 
これまで以上に時代は『大和魂』を持つ者と持たざる者の二極に分裂していくことになることになるだろう。
個人はもとよりそれぞれの国や地域も『大和魂』を取り戻せるか取り戻せないかがハッキリとしていくのではないか…
 
逆にいえばこれまでは『人を人たらしめる波動』が希薄な人間でも、それなりに生きてこれた時代だったということである。
否応なくそういう時代は終わるだろう。
その『終わりの始まり』を知らせるリトマス試験紙の一つが、新型肺炎であり、オリンピックである。
 
この先個人も企業も国家も『人を人たらしめる波動』を持っているか持っていないかを問われることになる…
目に見える社会でも眼に見えない世界でも!
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp