『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

所謂『毒親』と親から受けた想念エネルギーの影響

世の中の多くの人は「自分の心ってのは、やり方さえ間違わなければ丸ごと自分の顕在意識で以ってコントロール出来るようになってるはずだ!」と何とな〜くぼんやり信じてるんじゃないでしょうか?
現実になって何処までコントロール出来てるかどうかは別に、『構造』としてね…
 
しかし、実際には只今現在のその人の顕在意識でコントロール出来る部分っていうのは心全体の半分もあればいい方でしょう。
残り半分以上は顕在意識じゃないモノの影響を受けているのです。
 
影響を受けているというのはやんわりとした表現で実態としては振り回されていると言った方が近い気がします。
何に振り回されているかといえば一番は過去の自分です。
過去の自分とは私の言葉でいえば自縛の想念エネルギーのことです。
 
日々量産される自分自身に向けたネガティブな想念エネルギーというものは、年月を追うごとに膨大な数に上っていきます。
そのエネルギーは数量に比例してチカラを増し、本来の主たる「顕在意識」を差し置いて本人の思考や行動をガッツリと支配しているのです。
私はそれを自縛のエネルギーと呼んでいます。
 
自縛のエネルギーの始まりは大抵幼児期における人との関わりの中から生み出されます。
まぁ、最初は母親か父親のどちらかである場合が非常に多いです。
 
親の言葉や行動によってトラウマが生まれ、そのトラウマを元に自縛のエネルギーが生まれていくってことがよくあります。
親が子どもに与えてる影響は目に見える部分も大きいですが、目に見えない部分もまた大きいのです。
 
あと、親からもらった想念エネルギーもまた子どもの人生に大きな影響を与えます。
小さな子どもの頃のモノは特に影響大です。
 
例えば「あれをしろ!」とか「これをするな!」とかいう子どもを縛る想念エネルギーです。
人によっては大人になってからもたくさん詰め込まれます。
人間は自分の作った想念エネルギーと親からもらった想念エネルギーに縛りまくられているのです。
 
以上のように幼少期に親から与えられる波動的な影響についてこれまで何度も述べていました。
「三つ子の魂百まで」ってのは本当だと思います。
 
毒親って言葉がありますが、人にとって親の影響は毒にも薬にもなります。
毒になってる人の方が多い気がしますけどね…
例えばこんな風に↓
毒親に対する辛さを話す=病んでる
毒親に対する辛さを話さない=健康
って思われがちだけど、これ逆です。 
毒親に対する辛さを話す =やっと話せるくらいに回復したってこと。
これって過去に親から与えられた想念エネルギーのダメージの大きさがよく分かる話です。
そして、毒親でなくても大なり小なり誰もが、親からの想念エネルギーの影響を死ぬまで持ち続けて生きるのです。
それが大人になっても無くならないのが生きづらさの一つの原因だと思います。
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp