『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

祈りと呪詛は同じ事象の『表と裏』である

ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。 
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノもすべて含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m
 
一般的に呪詛っていうのは昔話に出てくるような今は廃れた呪術のようなモノだと認識されている気がします。
例えば「丑の刻参り」みたいな特殊でオドロオドロしい独特な儀式を伴うものであるとね… 
古くさくて現実離れしたモノだと考えられているのです。
 
しかし、実際には今もこの世のあちこちに『呪詛』は当たり前のように存在しています。
何故なら、憎しみや恨みの想念はいつの時代もどこの地域でも絶えることなく存在するからです。
 
呪詛というモノは呪いたい側が呪いたいと思えば基本それで成立します。
つまり、念を送るだけでも呪詛になり得るってことです。
その効果は千差万別でしょうがね…
 
一方このブログでいうところの想念エネルギーというモノは、人が何か思えばその瞬間発生します。 
 
つまり、人間は生まれてから死ぬまでの間毎日寝ても覚めても想念エネルギーを発生させ続けているわけです。 

言わば人間は想念エネルギー発生装置なのです。 
なので、たった一人分だけでもそれは膨大な量になります。 

量だけではなく、人間の想念エネルギーというものは波動的に見て決して弱くはありません。 
弱いどころか生きている人間の想いのチカラというのはこの世界の中では相当な強さを持っています。
 
で、一定方向へ向かって継続的に想念エネルギーを発し続けるのは『呪詛』だけとは限りません。
祈りと呼ばれるモノだって一定方向へ向かって継続的に想念エネルギーを発し続けることに他ならないのです。
 
つまり、祈りと呪いは同じ性質のモノだってことです。
そのチカラの向かうベクトルは正反対でしょうけどね。
言わば磁石のプラスとマイナス、コインの裏と表です。
 
もし「呪いなんてあるわけない」って否定するならば、同時に「祈りなんて無意味である」と言ってるのに等しいのです。
想念エネルギーのチカラを否定するのですから。
 
もっと言えば墓参りをして故人を悼むのも、結婚式で新郎新婦を祝福するのも、単なる薄っぺらい社会的な儀式以上の意味はないってことになります。
想念エネルギーの存在を全否定するのであればね。
 
「思えば心は通じる」と考えるからこそ人は何かに対して祈るのでしょう。
じゃあ、なきゃ祈りなんてただのカタチ以外の何物でもあり得ません。
 
唯物論を信奉するなら『心を込めること』も無意味になります。
祈りも呪いも否定するってのはそういうことですので…
 
 
『このブログを浄化します』 
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 


癒し・ヒーリングランキング


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp