『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「上手くやれば自分に呪詛は返ってこない」とかいう話

ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。 
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノもすべて含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m
 
一般的に呪詛っていうのは昔話に出てくるような今は廃れた呪術のようなモノだと認識されている気がします。
例えば「丑の刻参り」みたいな特殊でオドロオドロしい独特な儀式を伴うものであるとね… 
古くさくて現実離れしたモノだと考えられているのです。
 
しかし、実際には今もこの世のあちこちに『呪詛』は当たり前のように存在しています。
何故なら、「人を呪いたい!」という憎しみの想念はいつの時代もどこの地域でも絶えることがないからです。
 
中には相手に呪いの効果がハッキリ出なかったら呪詛として成立してないかのようにおっしゃる方がいらっしゃいます。
目に見えて効果が実感出来るモノだけが呪詛だって考え方です。
 
でも、いつでも直ぐに効果が出るとも限らないですよね。
忘れた頃にやって来ることもありますし。
じわじわとゆっくり来るモノもある…
 
それより何より呪ったという事実は消えません。
効果が出ようと出なかろうと呪った時点で呪詛なのです。
効果が無いから呪詛でなくなるなんてことはないのです。
 
呪詛というのは最終的には仕掛けた側も呑み込まれてしまうものです。
呪いというのは本質的に共喰いです。
決して偶然などではなくね…
 
そのことを昔の人は「人を呪わば穴二つ掘れ」とおっしゃいました。 
呪えばいつか必ず自分に報いが返って来るのです。
呪詛が成功しようと失敗しようと関係なくね…
だからこそ墓穴は二つなのです。
 
でも、スピリチュアルな人の中には形式に則ってきちんと儀式を行い、呪詛すれば所謂『返し』がやって来ることはないと考えておられる方もいらっしゃるみたいです。
その時だけ切り取ってみれば何も起こらなかったって見えることも時にはあるかも知れません。
でも、その時すぐに返ってこなくても長いスパンで見ればいつか必ず報いはやってきます。
 
例えば真綿で首を絞められるようにジワジワと魂が立ち腐れていくとしたらどうでしょう?
呪詛に手を染めれば、そうならない保証はどこにもありません。
 
もし『呪いの返し』が嫌だと思うなら、どんな方法であれ呪いを掛けるのはやめといた方が無難です。
まだ引き返せるうちにね…
まあ、すでにやってしまってたらその分はゼロにはなりませんけどね…
 
 
 
『このブログを浄化します』 
 
 
募集中‼  
お知らせ - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
ヒーリングを習いませんか? - 『クリアー整体ヒーリング』です   
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 
 

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 
営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 
 
ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp