『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

言葉の『眼に見えないチカラ』

ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノもすべて含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m
 
世間一般でいう呪いの類いっていうのは「古くから行われていた呪術を伴うモノ」として認識されている気がします。
丑の刻参りみたいな特殊でオドロオドロしい独特な儀式を伴うようなものとしてです。
 
っていうかそういう『儀式ありき』でしか成り立たないモノと思われている節があります。
呪詛を行う場合の技術や方法論が一番大事と考えられているのです。
 
でも、呪いの方法が古来からのやり方に合ってるから呪詛なのではありません。
人を呪う心のカタチが即ち『呪詛』なのです。
少なくともここでいう呪詛とはそういう意味合いのモノです。
 
ここで特に申し上げたいことは二つあります。
一つは「呪詛はこの世では非常にありふれたモノだ」ということです。
恨みつらみがある限りどんな場所にも呪詛は存在します。
 
もう一つは「呪詛は特殊な方法やカタチに依存するモノではない」ということです。
魔法と呼ばれるモノ、呪術と呼ばれるモノ、宗教的な儀式、そういったモノに必ずしも依拠しないということです。
 
以上のようなことを書いたことがあります。
一番簡単な呪いは言葉によるモノです。
例えば「しゅをかける」ということがあります。 
要するに「呪」というのは「言葉」であって、「言葉」によってモノや概念を縛るのが「呪」ということなのである。言葉が呪いである 
つまり、「しゅをかける」とは強い言葉で相手に衝撃を与え心に『隙間』を作り、そこに不安や恐怖を打ち込んで縛ることです。
縛るってのはエネルギー的な傷を心に付けることです。

分かりやすい例でいえば「あなた地獄に落ちるわよ!!!」みたいな感じのモノです。 
有名な占い師とかにもっともらしくそう言われたら、理性では「嘘だろう!」って反発してても心の何処かには大なり小なり不安という傷が刻まれます。
 
理屈じゃ中々消えない心の傷…
それを憑けるのが呪いです。
もちろんそれだけが呪いのすべてではなく、他にも色んなカタチ、様々な種類の呪詛がこの世には存在しますけどね…
 
要は言葉ってのは単なる意思伝達のためのツールではなく、エネルギー的な意味での呪いの道具にもなり得るってことです。
言葉の『眼に見えないチカラ』ってのは実は現実世界に根を張っています。
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp