『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「想いをカタチに変える」のが所謂一つの呪術です

スピリチュアルな世界には「宗教的に言われるところの時間的な節目=見えないチカラの変化」みたいに捉えてる方がいらっしゃいます。
それは例えば「お彼岸やお盆にピッタリ合わせて必ず亡くなられたご先祖様が自宅に戻ってくるのだ」みたいな話を信じているってことです。

宗教的しきたりや土俗的な年中行事に対してそれぞれの立場に応じて信じたい方は信じればいいでしょう。
それを否定する気はありません。
社会的な潤滑油として、また生ている人間の心の安らぎとして機能していたりしますからね。

しかし、あくまでそれは生きてる人間のための宗教的な儀式や世俗的な慣習の範疇でです。
眼に見えないアチラ側の現実がそういった儀式や慣習に縛られていると考えるのは何だか違う気がします。

要は「お盆だのお彼岸だのという世間一般で広く行われている宗教的な『風俗習慣』なんてモノは結局生きてる人間の都合で成り立ってる」ってことです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

そこんところをシッカリ認識してないと筋が違ってしまいます。
特にスピリチュアルな人々はごちゃ混ぜにしてしまう人が多い気がするのです。
 
以上のようなことをこれまでブログで申し上げてきました。
逆にいえば、宗教的しきたりや土俗的な年中行事などは、生きている人間にとって不必要なモノではないってことです。
絶対的に必要とまでは申しませんが、薄っぺらい合理主義で何でもかんでも廃棄していいモノでもないでしょう。
そのことについて最近こんな文章を拝見しました↓
今考えると昔の人が作ってた、てるてる坊主とか折り鶴とか呪術的で効用は無いけど、自分の力の及ばない事象に対して、不安な気持ちを静める役割があったんやろな。合理性から文化を排除すれば、お気持ちがタダ漏れで暴走するよなぁ。
想いをカタチに変えるっていうのが所謂一つの呪術です。
てるてる坊主であろうと折り鶴であろうと…
 
だから、例えばお百度参りに意味がないというのは、それをする人の想いに意味がないって言ってるのと同じなのです。
脳が出す単なる電気的信号に何の意味があるのかとね…
 
ただ、それではなかなか気持ちが治らないのが、人という生き物です。
想いをカタチにすることが生きてる人間にとってはそれだけ大切だってことです。
 
呪いも祝いも紙一重です。
表現は違っても、想いをカタチにすることにおいては同じだからです。
 
想いをカタチにすることの多くは単なる儀式の範疇を出ません。
呪いにしろ、祝いにしろ、オカルティックな意味で実質的な効果があることはそこまで頻繁ってわけではないでしょう。
 
でも、カタチになった想いが単なる儀式の範疇を超えていくことはあります。
それもまた『人の業』ってヤツかも知れません…
 
 
 
『このブログを浄化します』 


募集中‼  
お知らせ - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
ヒーリングを習いませんか? - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
↓この記事がお気に召しましたら上中下3回クリックをお願い致します 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


癒し・ヒーリングランキング

 
写真で体験ヒーリング (記事一覧) - 『クリアー整体ヒーリング』です
 
orion12 | プロフィール | ブログサークル


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp