『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

所謂言霊と使う人によって変化する言葉のチカラ

言霊(ことだま)とは、日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。
声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。 
森羅万象全てのものには波動があります。
その波動はそれぞれに特有のエネルギーを生みます。
 
それが言葉であれば言葉としての波動エネルギーが存在します。
そういう意味でいえば言霊というのは確かに存在するでしょう。
 
ただ、言葉というのは人がそれを発することによって初めて強いチカラを持ち得るものです。
要は「人間の想念エネルギーが言葉にチカラを与える」ということです。
 
例えばどんな強力な呪文であろうと無機質な単なる文字として置かれているだけの言葉はエネルギー的には眠っています。
しかし、それを人が意思を持って声に出したり書いたりすれば何らかのチカラが生まれるってことです。
 
もう少し突き詰めて『発する』とはどういうことかと言えば「音を出す」ということです。
「人が音を出す」というところに『チカラの源』があるのです。
 
例えば「柏手を打つとそれだけで霊的に悪いモノを祓える」みたいにおっしゃる方がいらっしゃいます。
そのことは全部正解とは言いかねますが、まるっきり間違ってもいない気がします。
「人が手を打って音を出すことに何らかのチカラがある」という意味においてはね。 
 
要は言葉ってのは字面の意味よりそれを発する人のチカラが相当大きく作用するってことです。
一つの例として、ドラマで考えてみましょう。
シナリオはもちろん大事です。
良いシナリオがあれば、良いドラマになる可能性は高くなります。
 
ただ、そのシナリオに良いセリフがあっても、そのセリフを発する役者がもう一つならどうでしょう?
そのセリフ自体残念な感じになりかねません。
いくらシナリオが良かったとしてもです。
 
シナリオを言霊に置き換えてみます。
もしも所謂マントラみたいな言葉が何らかのスピリチュアルな作用を起こすモノだとしても、誰が何処で発しても同じ作用にはならないだろうってことです。
発する人間の声のチカラによって変わると思います。
それは別にマントラみたいな特殊な言葉でなく、日常的に使われるような言葉でも同じです。
 
言葉のチカラはそれを発する人の波動的状況によって変わっていきます。
つまり!言霊ってのがあるとしても、使う人と使う状況によって変化があるということです。
まぁ、例によって例のごとく個人的な独断と妄想ですけどね。
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp