『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

ヒーリングの現場で見てきた『お祓い系のヒト』の亡き後

例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、除霊とは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。

いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。
眼に見えないチカラの話ですがね…

よって、除霊を続ける限りいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くより大きなチカラ』を求め続けなくちゃなりません。
そうしなければ、いつの日か相手からねじ伏せられてしまう日が来るかも知れないからです。

そうでなくても相手がいる限りはいつも一方的な『やりたい放題』が出来るとは限りません。
常に『返り討ちに遭う可能性』は存在するってことです。

返り討ちにまで会わなくても返り血くらいは浴びるかも知れないです。
そういうことを長く続ければ続けるほど返り血を一滴も浴びない可能性は限りなくゼロに近付いていくでしょう。

そこにあるのは『斬った張った』の殺伐としたココロの世界です。
やってやられて、やられてやって…何処まで行ってもキリがないのです。
最後に行き着くのは相手を消し去るか、さもなくば自分が(除霊に失敗して)花と散るかの道なのでしょう…

以上のようなことを今まで繰り返し述べてまいりました。
改めてハッキリ申し上げると、「そういう『斬った張った』はやめた方が楽なのになぁ」って個人的には強く思います。
 
で、何故そんな風に思うのかを今回改めて述べてみます。
まぁ、単純な話ですけどね。
 
これまで結構長い年月ヒーリングをしてきて、少なからぬ人数の所謂『成仏』をしていない僧侶や修験者・拝み屋等のヒト達に遭遇してきたからです。
そのヒト達の多くはいわゆる神通力とかのある人々です。 
少なくともカタチばかりの儀式をやっていた人ではないだろうって感じです。
 
そんなヒト達ですが、亡くなられてから成仏するどころか生きてる人間に取り憑いてダメージを与え続けていたりすることが稀有ではありません。
実際にヒーリングをしている相手の方の『不調のある箇所』からそういう人たちのエネルギーが出てくるわけですから理屈抜きでそうだとしか言いようがないのです。
 
つまり、生前霊能力を持ち、除霊やお祓いのような所謂霊的な技法の数々を行ってきた人々の中には、死後『宜しくない状態』になっている方々が少なくないってことです。
ここでいう『宜しくない状態』っていうのは例えば無関係な人々にまで無差別に瘴気を撒き散らすような波動的に澱んだ状態のことです。
 
ハッキリ申し上げて、成仏しないだけではなく、死後他の『人外のモノ』の中に取り込まれて『人間らしさ』を喪失してしまっている場合もあります。
そういうパターンは決して少なくありません。
 
要は除霊によって背負った『マイナス因子』は往々にして亡くなった後まで憑いてまわるってことです。
別に除霊に限らず、『生きてる時のしがらみ』が死後も「尾を引く、仇を為す」ってことは『よくある話』なのです。
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
 

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp