『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

オカルトな昭和な時代のスプーン曲げの話

ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。
向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。
また今は昔よりは色々と分かってきた部分もありますしね…
 
とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。
復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓
 
私が少年の頃はちょうどユリゲラーのスプーン曲げやら矢追純一のUFO特番やらが流行ったオカルトブームの頃でした。
中岡俊哉の心霊写真やら「つのだじろう」のオカルト漫画やら五島勉ノストラダムスの大予言やらもありました。
 
ただ、同時に『分別のある大人』がそういう事柄をまじめに話題にするだけで頭の中身を疑われるような時代でもありました。
否定的な文脈であってもね。
そういう話題は最初から鼻で笑って片付けるような話と思われていたからです。
 
とにかく科学万能論が今とは比べ物にならないほど世の中の隅々にまで行き渡っていた気がします。
腹の中はともかく公式には「オカルトなんてバカバカしい」っていうのが所謂『大人の態度』でした。
 
だから、オカルトは今より圧倒的に世間の日陰者扱いだったように思います。
個々の家庭なり集団なりで温度差はあったでしょうが時代的には凡そそんな風潮でした。
 
でも、そこにある或る種の『いかがわしさ』と『妖しさ』こそが人を惹きつける源泉でもありました。
オカルトって祭りの時に神社の境内に出されてるテキ屋の屋台みたいなモノだと感じるのです。
 
スプーン曲げに関しては中学生の頃当時流行っていたユリゲラーのテレビを見ていて、カレー食べる用のヤツをこすってたら一部白っぽい感じの色に変わって柔らかくなったことがあります。
勝手に曲がるまではいかなかったのですが、軽く力を掛けるだけでグニャと曲がって、スプーンのすくう部分を持って二・三回コキコキ前後にやるとポキンと折れたんですよね〜
 
当時おバカな中学生だった自分は、それで完全にハマりましたよね!
所謂一つの超能力ってヤツにです。
 
来る日も来る日もスプーンをこすり続けたのです。
空手バカ一代』ならぬスプーン曲げバカ少年でした。
 
しかしながら、幸いなことにそれから二度とスプーンは曲がらず、ある時ふと「オレって何やってんだ〜」とゴルゴのように冷静になったのです。
もしまたスプーンを曲げられたとしても「だから、それで?」と…
 
スプーン曲げって『話のまくら』にする程度の話かなと今では感じています。
もちろん信じるか信じないかはそれぞれの自由としてね…
 
 
 
『このブログを浄化します』 
 

募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp