『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

「この世には『楽にならない方がいい人』なんていない」って話

癒しとは楽になることです。 
ここでいう「楽になる」とはダラダラと安直に怠惰に過ごすという意味ではなく、「それぞれが元々持っている自然で無理のない状態に戻る」ことです。
謂わばニュートラルに戻るということです。
 
このブログにおける『ヒーリング』とはその「楽になること」をお手伝いすることです。 
主体は何時もヒーリングを受ける側のほうにあります。
例えて言えば、歩きにくい人のための杖や見えにくい人のための眼鏡みたいなものなんじゃないかな~と思うのです。
 
今まで何度も書いてまいりましたが以上が私の行なっているヒーリングのキモの肝です。
このブログ内で使われる『癒し』『ヒーリング』『楽になる』といった言葉の意味もここにあります。
 
ここでいうヒーリングは問題のある箇所に存在する波動エネルギーと円満に交流して浄化させてもらう方法です。  
浄化とは波動のレベルの低い状態から可能な限り元のクリアーで自然な状態に戻ってもらうことです。 
 
自然な状態に近付けば近付くほど結果的に楽になります。
苦しみが続くことは『自然な状態』ではないからです。
 
健康とは身体に関しても、心に関しても出来るだけ自然で無理がない状態になることだと思います。 
そして、それがここでいう「楽になること」でもあります。
 
そして、心にとっても身体にとっても穏やかで温かい在り方がより自然で無理がない状態なのです。 
ヒーリングをしていれば当然そういう状態に近付いていきます。
 
以上はクリアー整体ヒーリングというモノの在り方を示す内容として以前に記したものです。
で、最近こんな文章を拝見しました。
 
(引用はじめ)
ダウン症の子をヒーリングしようとした時、その子のハイヤーセルフから「辞めて、治ってしまったらまたお母さんに愛を教えるために生まれ変わらないといけなくなるんだ」
わたしはその事をお母さんに伝えヒーリングをしなかったの
(引用終わり)
 
癒しとは随分遠いやり方だなと感じます。
少なくともクリアー整体ヒーリングでいうところの『ヒーリング』ではありません。
 
当たり前ですが、子どもは『親の教材』としてこの世に存在しているわけじゃないのです。
現実社会においても、眼に見えない世界においても、です。
 
ヒーリングはそれを受ける意志のある人のために在ります。
引用文でいえばハイヤーセルフのためでもなくお母さんのためでもありません。
ダウン症のお子さんのためです。
 
大切なことなのでもう一度申し上げます。
『ヒーリング』とは「楽になること」をお手伝いすることです。 
主体は何時もヒーリングを受ける人の側にあるのです。
 
 
『このブログを浄化します』 
 

募集中‼  
※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp