『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

不確実性の世界と「言葉を言い切ること」の歪んだチカラ

この世はどう転んだところで不確実性の世界です。
どこまで行っても不確かな状況の中で何とかかんとかバランスを取って生きていくしか道はないのです。   
 
でも、不確かというのは同時に流動性であり、それは自由の源でもあります。
安定と自由は反比例するってことです。
或いは不安定と自由は比例するとも言えます。
 
なので、安定した状態を突き詰めると最終的には『思考停止』になります。
考えなければグラグラと迷う必要がないからです。
 
ここでいう思考停止とは簡単にいえば盲信することです。
精神的にナニカに「負んぶに抱っこ」の状態になるのです。
そのナニカとは特定のの思想・宗教とそれを象徴する人間・集団とかのことです。
 
逆に真面目に考えれば考えるほど心は不安定になりやすいのです。
上にも書いたように元々この世界自体が不確かなものだからです。
 
不確かな世界ではバランスを取り続ける意思を持たなければ結局のところ心は迷います。
心が迷うとはアンバランスなカタチに捻じ曲がるということです。
元々不確実なことを無理やり『安定』という枠に嵌めようとして物事の筋を間違えるからです。
 
で、ここからが本題です。
この世が不確実性の世界であるなら、言葉も不確定で移ろいやすいモノとして人の世に存在しています。
言葉とは本来的に流動的であやふやな存在です。
 
だからこそ強く断言する言葉にはチカラが生まれます。
ハッキリ言えば言うほど不確実の中にある不安をかき消すチカラが生まれるからです。
 
ただし、それは一過性の儚いチカラです。
刹那のうちに消えているイリュージョンのようなモノなのです。
 
で、最近こんな文章を拝見しました。↓
 
(引用はじめ)
日本人が議論や演説が下手という側面はたしかにあるのだけど、フランスの政治家や経営者が堂々と有能そうに見えるのは、失言を気にしていないことと確信のないことでも断定的に話すからです。
(引用終わり)
 
確信のないことでも断定的に話せば確かに自信満々に見えるのでしょう。
引用文を書いた方はフランスのやり方を肯定的に捉えておられましたが、個人的には「それってどうなの(ー ー;)」と疑問に感じるのです。
 
あやふやなことはあやふやなこととして「そう思う」「と推測する」とした方がベターなのではないでしょうか?
変に断言して他人を信じさせられたとしても、それは刹那の時を紡ぐ『不実なファンタジー』に過ぎないからです。
 
歯切れよく言い切るスタイルに希望を抱きすぎるとロクなことにはならない気がするのです。
例によって例のごとく独断と偏見ですがね…
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  
※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp