『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

呪詛は呪術者のみの『持ち物』ではありません

ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノもすべて含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m
 
世間一般でいう呪いの類いっていうのは「古くから行われていた呪術を伴うモノ」として認識されている気がします。
丑の刻参りみたいな特殊でオドロオドロしい独特な儀式を伴うようなものとしてです。
 
っていうかそういう『儀式ありき』でしか成り立たないモノと思われている節があります。
呪詛を行う場合の技術や方法論が一番大事と考えられているのです。
 
でも、呪いの方法が古来からのやり方に合ってるから呪詛なのではありません。
人を呪う心のカタチが即ち『呪詛』なのです。
少なくともここでいう呪詛とはそういう意味合いのモノです。
 
ここで特に申し上げたいことは二つあります。
一つは「呪詛はこの世では非常にありふれたモノだ」ということです。
恨みつらみがある限りどんな場所にも呪詛は存在します。
 
もう一つは「呪詛は特殊な方法やカタチに依存するモノではない」ということです。
魔法と呼ばれるモノ、呪術と呼ばれるモノ、宗教的な儀式、そういったモノに必ずしも依拠しないということです。
 
で、また最近こんな文章を拝見いたしました。
 
(引用はじめ)
単なるネガティブな感情の念が飛んでくることを、大げさに呪詛と言って騒いでいる自称霊能者が多いのですが、私が言っているのは、無意識に飛んじゃうようなレベルの話ではないです。呪詛とか黒魔術の世界にも、残念ながらプロというものがいます。まあ、私の防御力のほうが勝ちますけど。
(引用終わり)
 
この方によると呪詛というのも除霊やお祓いと同じで、やってやられてやられてやって斬ったはったで日が暮れるプロフェッショナルな世界の産物のようです。
呪詛の掛け合い、潰し合いってことです。 
 
中にはそういう場合がないとは申しません。
エゲツない呪術を為す者が実際に存在するのは確かです。
ヒーリングなどしておりますと、目に見えない世界の闇の部分ってのも否応なく垣間見ることがありますので知っています。
 
ただ、呪詛の全部が全部そういうモノじゃありません。
ていうかそういう類いのモノの全体から見たパーセンテージは低いと思います。
 
どちらにしろ人間の想念エネルギーってのをあまり舐めないほうがいいです。
目に見えない杭とか釘とか針とか打ち込まれてる人を今まで何人も見てきましたから。
人のネガティヴな想念の塊りとしての杭とか釘とか針をね!
 
 
 
『このブログを浄化します』 

 
募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp