『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングにまつわる話や不思議な話など

クリアー整体ヒーリングで出来ること (応急処置篇)

今までもヒーリングについてあれこれ書いてきました。
書いてきましたが、割合ボヤ〜ンとした話が多かった気がします。
 
それはわざとそうしている部分も少なくありません。
差し障りがありそうなところは暈してきました。
 
『差し障り』といっても基本書いたからといって困るわけではないのですが…
ただ、唯物的な考え方をする方から見れば「頭がオカシイんじゃないの〜?」みたいな内容は多々ありますのでね…
 
まぁ、どれだけ暈したって一般的に見れば随分『変なこと』を書いてるんだろうと思います(笑)
元々『変なこと』を書くつもりなのでそれはそれで構わないのです。
 
でも、そもそもこのブログを始めた切っ掛けは私のやっているクリアー整体ヒーリングというものを出来るだけ多くの皆さんに知ってもらいたくて始めたわけです。
ですから、「ヒーリングの内容について改めて具体的に書けたらな」と考えたのです。 
 
以下は「講習を受けたいという方に対して」という体裁で述べております。
ただし、別に講習を受けなくても構いません。
クリアー整体ヒーリングに興味を持たれた方が読んで「このヒーリングってこんな感じなのか!」ってなっていただければそれで目的は達成出来たと思います。
 
とはいえ長々と書いても初心者の方には分かりにくいでしょうから、少しずつシリーズで語っていきたいと存じますm(_ _)m
 
第27回の内容は急な傷や痛みに対する対処について書いてみます。
それとともにその時のヒーリングに対する心構えについても述べます。
 
これまでも書いてきましたが、私は医学的な対処が必要なものは基本それで対処していけばいいのかなと思っています。
でも、それだけでは中々改善しないモノやエネルギー的な影響を受けているモノにはヒーリングでの対処が有効であるのも事実です。
 
例えばアイロンをしている時に何かの拍子で熱い部分が当たって火傷したかなと感じた時直ぐに冷やすとともにそこをヒーリングすれば大分火傷になりにくかったりします。
また足をグギッとねじった時にすぐにそこに手を当ててヒーリングしとけば捻挫になりにくいです。
 
ただ、これはあくまで応急処置であるということは心得ておいてください。また補助的な措置であることも。
ヒーリングは万能の魔法とかではないので、基本的には医学的な対処が必要と感じれば、直ちにそれを行うべきです。
 
それでも、軽い傷や火傷や捻挫のなりかけには結構役には立つと思います。
コツは出来るだけ早めに処置することです。
遅くなればなるほど効果は出にくい場合が多いです。
 
以上はあくまでも個人的な経験を元にした独断と偏見であることをお断りしておきます。
 
 

『このブログを浄化します』 
 

募集中‼  

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp